永井荷風も通った東京浅草にある老舗蕎麦屋「尾張屋本店」

 

 

明治30年創業の浅草の老舗そば屋「尾張屋本店」に行って来ました。小説家の永井荷風が毎日通った蕎麦屋としても有名。

先日、浅草寺に初詣に行き、帰りがけに久しぶりに尾張屋さんの「天丼」をいただきました。
尾張屋さんは私が50数年前に知人に連れていってもらったお店です。

普段、鎌倉の蕎麦屋の天丼しか食べたことのない私は当時、丼からはみ出した大きな海老天にカルチャーショックを受けたものでした。

 

 

その後、浅草に行くたびにこちらにお邪魔して天丼をいただくのを楽しみにしています。
オリジナルのどんぶりもお吸物椀も決して華美ではありませんが老舗ならではの品の良いものが使われています。

 

 

勿論、ごま油で揚げられた海老天もお吸物も美味しかったですが50数年変わらず海老天が丼からはみ出して提供されるのも嬉しい限りです。

今度は孫を連れてこられるといいな。