ビールを楽しめるグラス/木村硝子店・サンサシリーズ

ビールを 楽しめるグラス/木村硝子店・サンサシリーズ

様々なクラフトビールを飲む機会が増え、それに伴いビールグラスだけでなく、 ワイングラスもビールを楽しむグラスとして使われるようになりました。


木村硝子店は改めてビールを楽しめるグラス「サンサ」をビールのプロの協力のもとデザインしました。

ビールのプロは東京赤坂にあるビアバー sansa( サンサ )。世界各国の生ビールを最適のグラスで飲めることで評判のビアバーです。

ここの店主とデザイナーでもある木村硝子店専務取締役の木村祐太郎氏さんが親しいということでいろいろな提案を繰り返しながら出来上がったのがこのシリーズです。

「ベッロ」「ヒラハイ」など、無機質なガラスを究極の口当たりと飲み物を入れたときの美しさを引き立たせるグラスをデザインすることで評判の木村祐太郎さんならではのグラスに仕上がりました。

口の薄さも約1mmくらいでしょうか。あのベッロよりは大きさもあるため若干厚い気はしますが気持ち良くビールが喉に流れ込んできます。形状も底辺の部分はチャーミングなカーブを描いています。一見、不安定のようにみえますがしっかり底は安定するように平にデザインされています。

このシリーズの特徴としてビールの味わい方に合わせて容量別にラインナップが揃っています。一口ビールサイズの「サンサ171クラフト」は180cc、日本の瓶ビール(中瓶)の約半分のサイズの「サンサ223」は230cc、英国のハーフパイントに近い「サン264UK1/2パイント」は290cc、缶ビールのレギュラー缶向けの「サンサ371」は380cc、そして米国パイントの「サンサ473UKパイント」480ccとなっています。

またビールが一層、味わい深く口の中ヘ染み入ることを意識したボウル形状のグラスも揃っています。「サンサボウル391」はレギュラー缶向けの370cc「サンサボウル473US」は米国1パイントサイス、「サンサボウル568UK」は英国1パイントサイスです。

いろいろなビールをお好みのサイズで楽しむ事ができる上質なシリーズです。

こちらの商品はこちらからお買い求めになれます。

内容・ご不明な点がございましたら遠慮なく弊社までお問合せ下さい。