ワイングラスの名称でなぜボルドー、ブルゴーニュ、バーガンディというの?

私たちがいつもワイングラスのカタログやパンフレットを見ていると「**ボルドー」とか「**ozブルゴーニュ」という表記を良く目にします。

もともと「ボルドー」「ブルゴーニュ」というのは世界的に最も有名なフランスのワインの産地名です。

「ボルドー」で生産されるワインは「カベルネ・ソーヴィニヨン」など、酸味はそれほどではないがタンニンが強いためフルーティーさを強め、渋みを押さえるためにやや縦長のバルーンとなっています。このような形状のワイングラスをボルドータイプと呼んでいます。

「ブルゴーニュ」で生産されるワインは「ピノ・ノワール」などのようにタンニンはそれほど強くはありませんが酸味が強いのが特徴です。従って甘味やフルーテイーさを強調して酸味を抑えるために底の部分の面積を広くとり空気に多く触れ易くする形状になっています。ボルドータイプのグラスより横に広がったバルーンの形が特徴です。このような形状のワイングラスをブルゴーニュタイプと呼んでいます。

また「バーガンディ」という名称のワイングラスがあります。こちらは上の画像のように前述のブルゴーニュタイプによく似ている事がわかります。かつてフランスではディジョン、ヌヴェール、マコン、オセールがブルゴーニュ地域圏と呼ばれていた時期がありました。この地域圏のことを英語で「バーガンディ」と呼ぶ事から英語圏内ではブルボーニュ=バーガンディということです。従ってワイングラスの名称においてもブルゴーニュもバーガンディも同一です。グラスメーカーにより(特に英語圏の国のメーカー)はバーガンディと呼んでいる事が多いようです。

 

内容・ご不明な点がございましたら遠慮なく弊社までお問合せ下さい。

業務用グラスの専門店グラス市場